【投資信託初心者用】投資信託を購入する前に勉強すること

スポンサーリンク
投資信託

こんにちわ。SO-SAKUCHAN(そーさくちゃん)です!

投資をしたことある人で最も最初にとっかかりやすい投資が投資信託(ファンド)かと思います。

投資には様々な投資がありますが、投資信託はぶっちゃけ個人的には株式投資やFX投資、仮想通貨等に比べて比較的安定的に投資運用ができると思っています。

もちろん投資に絶対はありませんので他の投資同様、投資信託についても銘柄選びや投資方法を自分で確立する必要があります。

スポンサーリンク

投資信託の仕組みについて解説

投資信託とはざっくり説明すると”自分で銘柄を選んで投資するのではなく、専門家にお金を預けて運用する”ことです。

下図をご確認ください。

図 投資信託フロー

投資信託の投資金の流れ

①自分→販売会社に申込金(投資金)
②販売会社→ファンドに申込金(投資金)
③運用会社→ファンドに運用の合図
④ファンド→金融市場に投資

投資信託の配当金の流れ

①金融市場→ファンドに運用成果が出るとする(もちろん損もあるよ)
②ファンド→販売会社に分配金/償還金が出る。
③販売会社→投資家に分配金/償還金が出る。

実際に運用する場合は上記なようなことを完璧に理解する必要があるかというと

そうでもありませんが、上図のような流れを知っておいた方がもちろん良いでしょう。

そもそも投資信託(ファンド)とは「投資家達から集めたお金を資金源として投資運用の専門家が株式や債券などに投資」することである。

運用実績が多くあり、株主に配当金を還元している等で人気のあるファンドはお金が集まりやすいです。

そういった人気のあるファンドを投資対象とするのでもいいですし、

成長途中のファンドを探して投資してみるのもいいでしょう。

後者はファンドの運用方針や運用実績など様々な視点で調べて見極める必要があります

ので自分で気に入ったファンドを見つけたいっていう方は探してみましょう(*^▽^*)

投資信託の投資対象の種類について

投資信託(ファンド)にはそれぞれ投資対象があります。

下記が代表的な投資対象です。

  1. 株式・・・国内外の株式
  2. 債券・・・国内外の債券
  3. 不動産投資信託(REIT)・・・国内外の不動産
  4. コモディティ・・・金や石油等に投資

個別に解説していきます☆

1.株式

国内外の株式に投資する投資信託です。

株式についてはこちらの記事に詳しく書いておりますので参照ください。

株式は成長していくであろう企業に投資してその企業の利益に応じた配当金がもらえます。

企業の業績や経済・景気動向により連動していく為リスクが比較的高い投資になります。

2.債券

国内外の債券に投資する投資信託です。

債券とは国や企業がお金を借りるために発行する証券である。

よく耳にする国債は国が発行し、社債は会社が発行しているものです。

債券はある一定期間お金を預けて配当をもらい満期になると元金が戻ってくる

リスクが株式に比べると低い投資となります。

期間は数年のものもあれば10年という長い期間のものもあります。

長ければ利息もその分もらえますが、逆に満期を待たずに途中で売却すると元本が割れる場合もあるので、

満期まで確実に運用できる余裕資金で投資するようにしましょう。

3.不動産投資信託(REIT)

不動産投資信託(REIT)とは様々な不動産に投資をする投資信託のことです。

投資すると賃貸収入を投資家に分配して利益を還元してくれます。

また不動産投資信託に投資する投資信託をREIT(リート)ファンドと言い、

色々な不動産に投資することになりますのでリスクを分散することが可能です。

4.コモディティ

コモディティは金や石油、穀物等に投資をする投資信託です。
その運用成績は商品先物指数の価格変動に大きな影響を受けます。
商品先物取引よりも投資信託で投資したほうが、費用を抑えることができます。
こちらも債券同様にリスクは低めかと思います。(長期投資がオススメです。)

投資信託は株式と同様で種類がかなり多いので選択する上で大事なのは

 

CHECK POINT☝

・アクティブファンドはやめよう※インデックスファンドをオススメします。

・極力手数料が安いファンドにしましょう。

・なるべく毎月無理のない範囲で積立投資(ドル・コスト平均法)で運用しましょう。

・投資信託を始めたら、途中で全部売却するのはやめましょう。(運用成績がずっと悪いところは除きますが)

例えば100万円運用していたら非常時に必要な分(10~30万円とか)だけ売却する等で対応しましょう。

 

※インデックスファンドとはベンチマーク(TOPIXや日経平均等)を目指す運用です。


 その為チャレンジャー精神(ベンチマーク関係なく運用頑張っちゃう)強めの


 アクティブファンドよりもリスクが少ないです。

投資をこれから始めようと考えている方は株式投資等で個別の銘柄を選択するよりも

まずは投資信託で運用を始めてみてはいかがでしょうか?

もちろん投資に絶対はありませんので必ず余裕資金で初めて無理をしない運用を行いましょう!

投資先を決めるのは必ず自己判断で行いましょう。

そうしないと損を出したときに自分の成長にも繋がりませんし損をしたときに人のせいにしたくないですよね?

投資は常に経済状況の情報に耳を傾けるようにして勉強しながら運用を行うようにしましょう。

自分が成長していかなければ損益ばかり気にして楽しく運用することはできません。

是非とも学びながら収益を上げられるように一緒に頑張りましょう!

投資信託
スポンサーリンク
シェアしてください!
So-sakuchanをフォローする
Mirai雑記ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました