【株式市場まとめ】東証一部?二部?株式市場を徹底解説

スポンサーリンク
株式

株式市場とは株の取引きをする市場のことですが、株式市場にも種類があり市場ごとに特徴があります。

投資指標ではないのですが、覚えておいて損はないと思います。

東証一部、東証二部とかジャスダックとか聞いたことがありますでしょうか?

株式投資をする上でよく目にする名称ですので学んでおきましょう!

スポンサーリンク

株式市場の種類、意味を徹底解説します

株式市場の種類と概要についてまとめてみましたので下記をご確認ください。

東京証券取引所 ☜ 日本で一番大きな取引所※重要
  1. 東証一部(’20年3月11日 現在2165社)はある厳しい条件を満たした大企業だけが上場できる

  2. 東証二部(’20年3月11日 現在485社)は新規上場したい企業。(最初に東証二部に上場することが多い)

  3. マザーズ(’20年3月11日 現在317社)は主にベンチャー企業が上場する市場です。東証一部、二部よりは審査が緩め。

  4. ジャスダック(JASDAQ)(’20年3月11日 現在704社)はマザーズとほぼ同じ趣旨の市場。ベンチャー企業、新興企業向けの市場です。

  5. 上場投資信託(ETF)は投資信託が上場したものになります。株と同様に売買できます。

  6. 不動産投資信託(J-REIT)はETF同様投資信託が上場したものです。ただし、不動産の投資信託なのでETFよりも限定的となります。
名古屋証券取引所
  1. 名証一部は一定の実績を有した企業を対象とする市場

  2. 名証二部は東証と同様で名証二部に上場してから一定の要件を満たせたら会社の申請により名証一部に上場できる。

  3. セントレックスは東京証券取引所のマザーズ・ジャスダックなどとともに、新興企業の活動支援を担う
札幌証券取引所
  1. 上場株式市場はその名称の通りで、上場している企業の市場です。

  2. アンビシャスは新興企業向け株式市場
福岡証券取引所
  1. 上場株式市場はその名称の通りで、上場している企業の市場です。

  2. 不動産投資信託(J-REIT)はETF同様投資信託が上場したものです。

    ただし、不動産の投資信託なのでETFよりも限定的となります。

  3. Q-Boardは新興企業向け株式市場

株式市場から考える銘柄選び

株チャートのイメージ

さて、株式市場(特に東京証券取引所)の種類や概要についてはある程度御理解頂けたかと思います。

特にもっとも市場が大きい東証一部では株主数や時価総額、利益、純資産等が一定の基準以上

であるのが東証一部ということになりますので、東証一部は優良企業の集まりということになります。

例えば、東証一部にはソニーやトヨタ自動車など誰もが知っている大企業が上場してます。

企業価値が高く、倒産リスクが低いという点が大きな特徴です。

上記の通り、東証一部の銘柄は他の市場に比べて※安定・安心であり倒産リスクも

低い為投資するにはオススメできます。また、おまけとして優待や配当を出している企業も多数あります。

もちろん中には東証一部が東証二部に降格したり、上場廃止になったりする銘柄もある為

決算等の業績には常にアンテナを張って確認する必要があります。

東証一部のデメリットとしては株価が高く投資するには多額の資金が必要な場合があります。

参考までにこちらからソニーの株価を確認ください。
(2020年3月11日現在では6145円 100株614500円)

もちろん東証一部でも10万円以内で買える株もありますので探してみてください。

東証二部・マザーズ・ジャスダック等は東証一部に比べると企業価値は低くなります。

企業価値が低いということは倒産リスクも高くなります。

ただし、株価が比較的低く低予算でも買える株が多いことがメリットです。

特にマザーズ・ジャスダックはベンチャー企業、新興企業が対象となりますのでリスクは

東証二部よりも大きくなりますが、将来大きくなる企業等を見つけることができれば

大きな利益を得ることも可能です。

まとめ

東証一部のメリット安定・安心で倒産リスクも低い投資であり株価変動が※少ない。

また優待や配当を出している企業も多くあります!

デメリット株価が高く多額の資金調達が必要である。

※経済の動向によっては激しく変動する場合があります。

東証二部・マザーズ・ジャスダックのメリット株価が比較的低く低予算でも

投資がしやすい。将来の有望株に投資できれば大きな利益を得ることも可能である。

デメリット企業価値が東証一部と比べると低いため倒産リスクが高くなる。

株価に影響のあるニュース等が出ると敏感に反応する為株価の上げ下げが激しい場合がある。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

投資は余裕資金で行うのが原則です。

最低限非常時に引き出す必要があるお金は残しておくようにしてくださいね。

皆様のご健闘をお祈りします(#^.^#)

株式
スポンサーリンク
シェアしてください!
So-sakuchanをフォローする
Mirai雑記ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました