【徹底解析】株価チャートのローソク足の見方・読み方・考え方

スポンサーリンク
株式

こんにちわ!So-sakuchan(そーさくちゃん)です☆

テクニカル分析の一種である株価チャートのローソク足は見方や読み方を覚えてから投資する上でどう生かすかを考える必要があります。

ローソク足の動きがわかる株価チャートの動きの予測やその株が買われすぎなのか売られすぎなのかがわかるようになります。

スポンサーリンク

ローソク足の見方をわかりやすく説明

日経平均株価

上図は日経平均の株価チャートです。見てお分かりだと思いますが、の棒線で形成されておりその一つ一つがローソクのようになってチャートを形成しております。

上図の場合赤色のローソク足が陽線(値上がり)青色のローソク足が陰線(値下がり)と言います。

それではさっそくですがローソク足の見方を説明していきます。

ローソク足の見方

陽線のローソク足(前日の株価よりも高くなった)を赤色陰線のローソク足(前日の株価よりも下がってしまった)を青色で表しております。

冒頭でご説明した通り株価のチャートはこの陽線陰線の二つだけで形成されています。

単純な構造ではありますが、ローソク足の形は全て微妙に異なっており全く同じローソク足なんかほとんど形成されないと思っていただいて結構です。

もう少し深掘りして説明していこうと思います。

ローソク足の見方2

始値は寄り付きでありザラ場中は高値~安値の間で動きます。そして終値で引けます。

上図に記載の通り上ヒゲ下ヒゲはただ単純に高値安値が分かる指標ではなく

その強さによりその株は買われすぎていて利益確定売りが出ているのか逆に売られすぎていて底値から買い上がりしているのかも予想することが可能になります。

ローソク足の見方はこれで御理解頂けたかと思います。

それでは応用編としてローソク足の様々なパターンから予測していきたいと思います。

ローソク足の種類について徹底解析

ローソク足には陽線と陰線がありさらに様々な形のローソク足があります。

上ヒゲの長いローソク足

上ヒゲが長いローソク足

株価の売買の力関係はローソク足にはっきりと表されることがあります。

上値に出た時に注意していただきたいのが【上ヒゲ】です。

上図のとおり陽線でも陰線でも基本的には同じ意味となります。

株価が上値に留まることが出来ず、上値から押し戻された形がこのローソク足である。

「上げの限界」という見方もありますが、様々な状況により考え方は変わります。

例えばこの上ヒゲのローソク足が長期的に見て株価が安値付近で出ていると売り圧力が

あろうが無視して買い上がって右肩上がりのチャートが出来上がる可能性もあります。

逆に株価が長期的に見てある程度上がっている又は高値付近の場合に上ヒゲのローソク

足が出ていると上値限界のシグナルの可能性が高くなります。

下ヒゲの長いローソク足

下ヒゲが長いローソク足

【下ヒゲ】は下値に出ることが多い?売り込まれたあとがチャンス☆

下ヒゲは株が大きく売り込まれた後にここぞとばかりに下値で待っていた買い待ちの人が株を買い上げます。

その結果、株は大きく上がり上図のような長い【下ヒゲ】を形成します。

下ヒゲは株が下降トレンドに入り、人気がなくなり大底をついた時に更に損切り、投げ売りが起きた後に買いが入る。

これで下げが終わりとわかると一斉に買いが入ります。

私は今までこの大チャンスをものにしたことはありません。買い時を間違えれば大底ではなく一番底や二番底で買わされて更に株価は下落するかもしれません。

大底を見極める為には、判断できる知識・経験をみにつける為に勉強・実践で養いましょう!

寄引同時線のローソク足

寄引同時線のローソク足

寄引同時線は上図の通り、日中の株価変動は上下にいちじるしく動いているが
最後には始値と終値が同じで落ち着くというローソク足である。

(陽線でも陰線でもない為上図は仮に緑色のローソク足で表す)

寄引同時線は上ヒゲ、下ヒゲが長い形になったり、ヒゲが短いものもあったりするが
最終的には同じ値に落ち着くのでいうなれば迷いの相場になっている。

迷いの相場であるので買い方、売り方で引っ張りあうすなわち綱引き状態である為
どちらか一方に偏れば一気に転換相場がやってくるということも言えます。

上値に向かうか下値に向かうかを日々その動向を確認する必要があります。

小さな陰陽線のローソク足

小さな陰陽線のローソク足

小さな陰陽線のローソク足は値動きが小さくて、上にも下にも飛ばない状況です。

値動きが小さい為、出来高も小さくてあまり注目されていない状況で材料も小さく、
株相場全体が小動きの状態が続くなど様々な要因があります。

この状況というのはあまり株式投資としては利益も出せないし、おもしろくない株と思うかもしれません。

しかし、そうではなくその株の業績や割安度などを冷静に分析する機会でもあります。

現状の株価が割安かどうかがわかれば今買いなのか、買いにはいるべきタイミングの株価を算出して”待ち”とすることでもよいでしょう。

気になっている銘柄がそういう状況であれば徹底的に分析していきましょう。

一本のローソク足からわかること

下ヒゲの長いローソク足、上ヒゲの長いローソク足、寄引同時線のローソク足、
小さな陰陽線のローソク足
を説明してきました。

読んで頂いたことからわかる通り、たった一つのローソク足から様々なことを予測することは可能です。

大事なのはそのローソク足は上値で出ているのか下値で出ているのかによって予測が変わってしまいますので注意しましょう!

もちろんあくまで予測ですのでリーマンショックのような経済全体が低迷している時のような場合は指標にはできませんし、予測が立ちません。

あくまで経済が安定して成長している、または中立を保っている場合に判断材料として使用していただければと思います。

また、今回は一つのローソク足に限定して説明していきました。

複数のローソク足を組み合わせた場合の予測はもっと精度が上がりますし、実践で使用できるものになります。

私は株式投資を始めた当初チャート全体を意識することはありましたが、

ローソク足の形などを意識し投資指標に取り入れるということをしませんでしたが、

本屋でふと手に取った本を読んだら“ローソク足ってそんな重要なんだ”とか

“ローソク足を攻略できれば相場を攻略したもんじゃん”とか思い購入して読みました。

もっと詳しく株価チャートやローソク足について勉強したい方は読んでみてください。

【株価チャートの鬼100則】

Amazon.co.jp
株式
スポンサーリンク
シェアしてください!
So-sakuchanをフォローする
Mirai雑記ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました